住宅ローンの諸経費が高い…
住宅取得=物件価格分の頭金と住宅ローンを組めば終わりという訳にはいかないのです。
住宅ローンを借りる際には各種諸経費が発生するのです。
話は変わりますが、住宅取得後もマンションの場合…管理費を費用が税金として固定資産税・都市計画税なども支払わなければなりません。
景気が好調で銀行預金の金利が高い時には住宅ローン金利も高く、景気が悪く銀行預金の金利が低い時には住宅ローン金利は低くなります。購入時期は、住宅ローン金利が低く減税なども行われる不景気の時が良いと言われています。
短期変動金利と長期固定金利とでは金利を決める基準が異なりますので注意が必要です。
短期プライムレートという貸出金利を参考にして決めています。
利回りを参考にしている点から、不景気でも金利が上昇する事があるため、長期固定金利はわかりづらくなてしまいます。
ポイントですが、と理解しておくと住宅ローンを検討する際に役に立ちますよ。

今は低金利という事もあり、住宅ローンを利用する方が増えています。
ボーナス返済を併用する事が一般的でしたが、現在ボーナス返済を併用する方はほとんどいません。
ボーナス返済を併用している方が、ボーナス減額などの理由で毎月の返済のみに変更する事は可能なのでしょうか?返済方法の変更は可能です。
ローンを、給料体系が変化しているのに払い続けなければならないという負担はものだと言えます。
根本的な解決方は元金減免の他にはありませんが、ために知識を蓄えておく事が重要です。
住宅ローンを組む事ができれば、当然住宅ローン控除も利用できると思っていませんか?住宅ローン控除を利用するためには条件をなければなりません。
物件によっては住宅ローンは利用できるが住宅ローン控除は利用できないという物件もありますので注意が必要です。
住宅ローン控除を利用するために、注意しなければいけないのが築年数です。
築年数は下記のように決められています。
・非耐火建築物(木造住宅など)といわれている建物の場合であれば築20年未満 ・耐火建築物(マンションなど)の場合は築25年未満 築20年以上経過している物件でも住宅ローン控除を利用できるようになる措置が、制度変更で新しくできたようですが、実際には機能していないようです。
住宅ローン控除を利用したいという方は購入物件の築年数には気をつけましょう。
住宅ローン控除を利用するためには取引物件の登記簿上の床面積が50平米以上必要です。
土地を購入して後から住宅を建てるという方も多いのではないでしょうか? しかし住宅ローン控除はローンに対しては利用する事ができません。
控除の対象とならない事を覚えておきましょう。


住宅ローン あおぞら銀行

住宅ローンであおぞら銀行を利用する場合、「あおぞら住宅ローン」「レディ住まいle」の利用となります。
それぞれの特徴を簡単にまとめてみましょう。
「あおぞら住宅ローン」の特徴は次のようになります。
・保証料不要で、団体信用生命保険料はあおぞら銀行が負担してくれます
・最大1億円までの融資が可能です
・最大担保評価額の200%までの融資が可能です(家の買い替え、ローンの借り換えの場合)
・ゆうちょ銀行、郵便局からの入金、出金手数料が無料です
「レディ住まいle」の特徴は次のようになります。
・満25歳以上40歳以下の女性で、はじめて家を購入される方が対象です
・連帯保証人が不要です
・融資額が1,000万円からで最大5,000万円までの融資が可能です
住宅ローンであおぞら銀行の「レディ住まいle」できるのは、名前の通り女性のみが利用できるサービスです。
ただし、このサービスはマイホーム購入のみ適用できるもので、家の買い替えやローンの借り換えは対象外となります。
どちらのタイプを利用する場合でも、住宅ローンをあおぞら銀行で組める条件として、担保にするものの場所についての条件があります。
住宅ローンをあおぞら銀行で組むには、担保となる物件が各支店の営業エリア内にあるものと決められています。
利用前にはその対象内に入っているか確認することが必要です。


住宅ローン オリックス信託銀行

オリックス信託銀行の住宅ローンは、お客様のライフスタイルに合った商品を取りそろえ、きめ細やかなサービスを提供しています。
オリックス信託銀行の住宅ローンは保証料などに加え、団体信用生命保険料なしというサービスも行っていて、ローン返却用口座はお客様指定となっているため人気があります。
他社の住宅ローンのサービスとは異なった商品も数多くあり、海外に居る人や、帰国後の住宅購入に対するローンの手続きが出来る、「住宅ローン購入・建築プラン」があります。
オリックス信託銀行の「セカンドハウスローン」は、今住んでいる住居以外に、もう一つ家が欲しいという人の為の住宅ローンとなっています。
「住宅ローン借り換えプラス+生活ゆとりローン」は、ローンの借り換えや自宅を担保にして、生活費や教育費を準備出来るといった商品になっています。
「シニア多目的住宅ローン」は、定年後の生活費や別荘購入などに対し、自宅を担保に入れることによりその費用を出すという商品です。
オリックス信託銀行の住宅ローンはインターネットのオンラインで、シミュレーションが行えるので大変便利です。
返済のシミュレーションはもちろん、借り換えのシミュレーションも出来るため、既にローンを組んでいる人でも、オリックス信託銀行の住宅ローンに借り換えた場合のケースも調べることが出来ます。


住宅ローン シティバンク

シティバンクの住宅ローンの特徴として、最大2億円までの融資が可能と言うことが上げられます。
購入したい住宅の金額が大きくて、他社の住宅ローンだと借り入れが出来ない場合でも、シティバンクなら憧れのマイホームを手に入れることが出来るのです。
住宅ローンを申し込み際に保証料や保証事務手数料が発生する場合がありますが、シティバンクならそのような手数料が一切かかりません。
その為に住宅ローンを申し込み際の初期費用が抑えられるというメリットがあります。
シティバンクの住宅ローンはお金が貯まったときにいつでも、幾らからでも繰上返済が可能となっています。
一般的な住宅ローンの会社は、繰上返済が出来る時期が決まっていたり、返済額も幾ら以上と決まっている場合がありますが、シティバンクは手軽に繰上返済が出来、利息を減らすことが出来るのです。
住宅ローンの繰上返済にかかる手数料も、シティバンクなら月3回までの手数料が無料となっています。
小額からでも返済可能なので、少しずつ返済期間や返済総額を減らす事が出来るため、お勧めできるサービスになっています。
シティバンクの住宅ローンは保障もしっかりしていて、団体信用生命保険は障害特約付になっていますので安心です。


住宅ローン ソニー銀行

今までは、窓口へ足を運ぶ手間がかかっていた住宅ローンもソニー銀行なら、家に居ながらの融資が可能です。
住宅ローンでソニー銀行を利用する場合、窓口に行かなくても、きちんと担当のローンアドバイザーが手続きに関する内容やその他様々な連絡をしっかり行ってくれるので、安心して利用できる仕組みとなっています。
利用する方法は次のようになります。
1.住宅ローンをソニー銀行で借入れる場合、まず初めに、インターネットにて仮審査の申し込みを行います。
2.仮審査の結果報告がメールで届きます。その内容でよければ申込書郵送依頼を行います。
3.申込書の記入と必要書類をソニー銀行に返送します。
4.ソニー銀行にて本審査に入ります。書類到着から7~10日後、本審査の結果が、電話やメールにて連絡が入ります。
5.契約の手続きをネット上で進めていきます。郵送にて届けられる「住宅ローン契約書」を返送し、準備が整うと電話やメールにて連絡が入ります。
6.振込先、振込日などをネット上で設定し、借入金の入金により完了です。その後、指定した日から自動引き落としによる返済が開始します。
以上が、住宅ローンでソニー銀行を利用する際の流れです。
忙しくてなかなか窓口に行くことが出来ない方は、一度検討されてはいかがでしょうか。


住宅ローン 東京スター銀行

東京スター銀行のスターワン住宅ローンは、毎月の返済額が減らせると評判が高いプランになっています。
東京スター銀行のスターワン住宅ローンでは15の魅力としてメリットを上げていますが、「保証料0円」「ガンと診断されたらローン0円」「ATM利用合計月8回まで手数料0円」などがあります。
他の住宅ローンが頭金0円でも購入出来るのに対し、東京スター銀行では借りすぎを防止するためにあえて頭金2割以上をお勧めしています。
何十年にも及ぶ返済予定表の作成も無く、毎月届く明細書などでの確認となっていますが、6ヶ月先までの返済予定表があるため、金利の変動や返済額の確認は出来るので安心です。
東京スター銀行のスターワン住宅ローンは、日本初の預金連動型ローンがあり、預金額と同額の借入金額には金利が一切かからなくなっています。
その為、預金を残したまま住宅ローンの返済を続けることが出来、いつでも引き出すことも可能です。
東京スター銀行のスターワン住宅ローンは、毎日金利の計算も行われ、1円の無駄も出さないようなプランになっています。
東京スター銀行のスターワン住宅ローンは、外貨での運用も魅力となり、円普通預金には金利が付きませんが、外貨預金には金利が付利されるため、お金を増やすことも出来るようになってるのが特徴です。


住宅ローン 住友信託銀行

住友信託銀行の住宅ローンは選べる3つの金利プランがあり、借り入れの申し込みをする時に選ぶことが出来ます。
住友信託銀行の住宅ローン変動プランは変動金利型となり、年に2回利率の見直しが行われるプランになります。
上限プランは上限金利特約型になり、金利の変動はありますが最初に上限金利を設定し、その金利を超えることはありません。
固定プランは固定金利特約型になり、特約期間内は固定金利となるため、返済計画が立てやすいプランになっています。
住友信託銀行の住宅ローンは自由返済が出来、インターネットなら手数料が無料の上、土日や祝日の利用も可能となっています。
自動返済は繰上返済手数料が無料となり、一部繰上返済の自動設定も簡単に行えます。
住友信託銀行の三大疾病保障特約付住宅ローンとは、借入時年齢が満50歳以下で返済完了年齢が75歳以下の人を対象にした、「がん」「脳卒中」「急性心筋梗塞」の3大疾病の保障特約付プランがあります。
オール電化住宅専用ローンとは、家庭での全エネルギーを電気で行う住宅を購入する人対象のプランとなり、ガス省エネ住宅専用ローンは天然ガスを利用した住宅購入のプランとなっています。
住友信託銀行の申し込み前に、インターネットにより仮審査が行えるサービスも実施しています。


住宅ローン りそな銀行

住宅ローンでりそな銀行を検討されている方、または住宅ローンについてこれから調べようと考えている方にお勧めしたい商品があります。
りそな住宅ローン「フラット35」で、りそな銀行でもお勧めとしている商品です。
この商品は、新築、中古住宅の購入に適用できるもので、残念ながら借り換えやリフォームは対象外となります。
住宅ローンでりそな銀行の「フラット35」を利用する場合、マイホーム購入価格の90%以内の借り入れが可能で、最大8,000万円までとなっています。
最大35年までの返済期間中、融資を受けた時の金利のまま返済が続くので、毎月の返済額やローン完済金額が変わることがありません。
また、ボーナス払いも併用できますので、無理のない返済計画を立てることが可能です。
りそな住宅ローン「フラット35」では、りそな銀行のホームページや電話で申込書を請求された方に対しての優遇サービスも用意されています。
店頭で用意している金利や手数料よりも低い金額で融資が受けられるので、毎月の返済やトータルの返済金額がお得になります。
住宅ローンでりそな銀行のフラット35を利用する場合、年収に対しての条件もありますので、詳しい内容は窓口で相談するといいでしょう。


住宅ローン みずほ銀行

住宅ローンでみずほ銀行を利用する場合、「新築購入」「借り換え」の二つのタイプが利用できます。
どちらのタイプでも、住宅ローンとしてみずほ銀行を利用することができるそうです。
共通した特徴としては、次のことが挙げられます。
・融資金額が最高1億円
・返済期間が最長35年
・団体信用生命保険料はみずほ銀行が負担
・金利優遇制度(みずほ銀行提携機関からの紹介の場合)
・金額、金利タイプの自由設計
また、それぞれのタイプごとの特徴として、新築購入の住宅ローンをみずほ銀行で組む場合、必要となる頭金や手続きなどにかかる諸経費など、新築購入にかかる費用すべてを含んだ金額での融資をしてもらえる場合があります。
マイホーム購入では、家や土地だけの費用ではなく、それに関する様々な費用は必ず必要になります。
なかなか手持ちの貯金だけでは処理していけないものなので、どこでどれだけ必要になるのか事前に知っておく必要があるでしょう。
それを踏まえた上で、融資のプロに相談し、無理のない返済計画を立てることが大切です。
住宅ローンの借り換えでみずほ銀行を利用する場合の特徴では、担保となる家や土地の評価額に対して最高で300%までの融資が可能になる場合があるということです。
今の返済計画に不安のある方は、一度相談してみるといいかもしれませんね。


三菱東京UFJ銀行

住宅ローンで三菱東京UFJ銀行を利用する
住宅ローンで三菱東京UFJ銀行を利用する場合、それぞれのご家庭に合わせた金利コースを選ぶことができます。
ローン完成まで金利の優遇を受けたい方や固定金利を希望の方、マイホーム購入後のお金のかかる初めの期間だけ大きな優遇が欲しいと考えている方など無理のない返済ができるコースが充実しています。
その中でも魅力的なのは「ビッグ&セブン」という商品です。
7大疾病保障付き住宅ローンで、三菱東京UFJ銀行の住宅ローンで利用できるサービスです。
3大疾病の「ガン」「脳卒中」「心筋梗塞」にプラスして「高血圧疾患」「糖尿病」「慢性腎不全」「肝硬変」が対象になります。
住宅ローンを三菱東京UFJ銀行で契約した本人が、これらの病気によって完全に仕事ができない状態になってしまった場合、ローンの返済をサポートしてくれるのです。
免責期間後から病気に対して保険金が支払われ、月々の返済に充てることができたり、また1年間継続して仕事ができない状態になった場合、ローン残高が免除になるケースもあります。
一家の大黒柱の病気は生活に大きく影響するものです。
保障付き住宅ローンのある三菱東京UFJ銀行でのローンは、無理のない返済と共に安心もついてきますので、新築、借り換えの住宅ローンも三井東京UFJ銀行を検討してみてはいかがでしょうか。